Get used to english

英語やっといた方がいいよ〜」と事あるごとに口にするこもりですが、ボクは別にペラペラ喋れるわけでもないし日常的に英語を使うことはほとんどありません。ただ、読んだりそれを理解することに抵抗がないだけでしてね…。学校教育での英語はどちらかといえば苦手だったくちですが、そんなボクの過去の話から英語になれるために今までやってきたこと(今も続けてること)を紹介しておこうか、と思った次第。よく聞かれるんで。

英語をやるきっかけ

こもりは日本でインターネットが大流行する前から近しい業界で働いてますが、その当時は日本語で解説された書物などないに等しかった。新しくWebやメールのサーバを立ち上げようと思ったら、英語のドキュメントと英語の画面やらコンソールと格闘します。英語に抵抗があるか?といわれるともともとない方ですが、どうしても英文を読まざるを得ない環境になってしまうとやるしかない。だって、やらないことには始まりませんから…。

人間って、結局それができないとどうにもならない…ぐらい追い込まれないと新しく何かに取り組んでそれを身につけることは難しいものです。英語で話さなければ食べ物も買えなくて死んじゃうとなったら、誰だって話せるようになるでしょう。でも、せいぜい外国人の友達がいるからコミュニケーション取りたいというぐらい。現実的にそういう状況になるかというとなかなかないわけで。そりゃ身にもつきません。

学校教育のバカヤロー

誰かさんも書いてましたが、「英語を読めない」というより「英語を読む気がない」という状態ですよね。たとえば、英文のリンクをおいてもクリックする人は多くありません。日本語で一言解説を付けると少しクリックする人が増えるというのが現実です。その文章が見えてないのか、見えないことにしてるのか。少しでも抵抗をなくしたいと思うのであれば、毎日少しずつ最初はまったくわからなかったとしても英文に触れることから始めましょう。

何も最初から全部を間違いなく理解しようとしなくていいんです。学校教育の賜物かだいぶ洗脳されてるらしく、「何でも正確にやらなくちゃ…」って思いがちです。苦手意識を植え付けてどうする。そんなやり方は、キレイさっぱり忘れましょう。まず、意味はわからなくても全体をザッと眺めてみる。アルファベットで書かれた英文そのものに慣れる練習です。それができたら、タイトルになってる短めの英文だけでも理解しようとしてみる。

タイトルがわかれば、そこに書かれている大体の内容の想像はできますからね。それが苦でなくなったら続くリード文、全体へと流して大事そうなところを読んでみる…とか、範囲を拡げてみるのがいいでしょう。いまどきはWebの文章ならブラウザの中で単語を選択して辞書ひくこともできますし、文法がわからなかったとしてもなんとなくの意味はわかるはずです。英文は最初から順番に単語を訳していって、あとから繋げればどうにかなります。

最近よく見かけるのが「tl;dr」とか「tldr」という文字列。これは「Too long, didn't read」の略で、長すぎて読めないみたいなもん。日本のニュースサイトなんかでもありますよね、ざっくり言うと、みたいな。そんな長いニュースやブログの文章なんかを要約してまとめてるサイト「tldr.io」なんかがありますから使ってみるのもいいですね。タイトルと箇条書きされた要約ぐらいだったらどうにかなりますから。

tldr
tldr.ioはサイトだけでなく、ブラウザのプラグインもあります

そして、ステップアップ

読むことに抵抗がなくなると、もう少しステップアップを考えるかもしれません。日常的な会話ぐらい多少できたら…みたいな。

ここでもまずは学校教育を一旦忘れてください。そもそも日本語と英語は構造からして違いますし、今まで習ったやり方ではどうにもならないことは自分自身が実証済みでしょう。たとえば、英語を母語としない人でも1,500語ぐらいの単語でどうにかなるグロービッシュみたいなのから始めるといいかもしれませんね(それが良いか悪いかはおいといて)。

20代後半はネット上でよく外国の方と夜な夜なチャットしてましたが、そんな彼らに学校教育で培われた英語でがんばってると、「なんでお前の英語はそんな先生みたいなんだ?」と言われたことも今となっては良い思い出です。言いたいことがきちんと伝えられる英語として考えたら、別にキレイな文法である必要はないわけでね。学校教育で凝り固まった脳みその構造を変えることが大事かもしれませんよ。

books

次は耳です。日本語と英語ではその周波数が違うからどうこう…みたいな話を聞くこともあります。聞こえてるようで実は聞こえてない音なんてものがあったら、口に出してそれを音にすることもできないでしょう。「RとLの違いもわからないくせに」とは、かのペリー提督も言ってます。耳で聞いて同じように真似てみる「シャドーイング」なんて学習方法もありますが、これまた耳を慣らさないことにはどうにもならない。

耳を慣らすなら、いまどきはポッドキャストとかもありますし、映画(洋画)を見る時はDVDの字幕を英語にして俳優さんの喋りをそのまま英文で確認するとかね、やれることは沢山あります。お子さんがいらっしゃるなら、おさるのジョージとかトムとジェリーを英語で見るとか。とりあえず何言ってるかわかりもしないけど、入ってくる音だけは英語だらけにしておくことはできますよね。やるかやらないか、だけ。

ここのところは、海外に行ってご飯ぐらいは買えるようにと、iPhoneから流れる英文をブツブツとシャドーイングしながら歩いていたりの生活をずっと続けています(怪しいとか言ってはいけません)。そもそも日常的に英文を目にしたところで何とも思いませんし、道ばたで話しかけられて聞く気持ちも耳も持ってはいますがね。結局、続けなければ人間すぐ退化しますから、毎日ほんと少しずつでいいから続けるしかないなぁ、といったところです。


おまけ

参考程度にこもりが普段見ているTwitterのリストとブックマーク専用のアカウントをお知らせしておきます。最近知り合った方はご存知ないと思うので(90%英語)。