Bad habits

「うわぁー、なんで動かねーんだ!クソー、わかんねー!」みたいなことありますよね、Web制作の仕事してる人なら。jQueryのプラグインでちょっとした効果を付けようとして実装してる時とか。ちょっと聞きたいんだけど?ひょっとして楽しようとした?

バリバリの初学者ならともかく、プロとして仕事してる人でもこんな叫びを発してる人は意外と多いもので、「まーた何か困ってんなー」ぐらいでTwitterとか眺めてたりするわけですよ。そんな状態に陥るまでの過程は、おおよそこんな感じでしょうかねぇ。

  1. 何かの処理を実装しないと
  2. 調べてみたら、jQueryでOK
  3. プラグインが見つかった
  4. 使い方をGoogleに聞いた
  5. ブログ記事を参考してみた
  6. どうにもうまくいかないよ

違いますか?

What I wish I knew when I was 20

ついやっちゃう悪い習慣

jQueryでもWordPressでも何でもいいんですが、そんなに深い知識がなくてもプラグインを使えば、誰でも簡単にいろいろな機能を付けることができます。本当ならJavaScriptとかPHPの知識があるのが理想なんですが、なかなかそういう人ばかりではありません。プラグインを使うことが悪いわけではありませんし。これまでWeb制作会社の新人研修とかもだいぶやっていろんな人みてきましたが、多くの人がついやってしまいがちな悪い習慣があるんです。それが、4と5でしょうか。

わからなかったらすぐ調べる、ここまでは良しとしましょう。でも問題はその先。「プラグイン名 使い方」とかですぐGoogleに聞いちゃう。大概の人は言語設定(検索結果の設定)は日本語でしょうから、基本的には日本語の情報が中心となってリストされるはずです。世の中優しい人がいるので、これまた大体の場合は自分の欲しかった使い方の書かれたブログ記事などにたどり着けるはず。でも、書いてあるとおりにしても何故か動かない…。

日本語が悪いんじゃない

仮にあなたがもし覚え書きや後進のためにブログを書くとして、アップデートのたびに後からその記事を更新します? 多くの人はしないですよね。書いたら書きっぱなし。Googleで検索してヒットした記事はいつの記事ですか? アップデートが頻繁な場合、日本語で丁寧に書かれた参考になりそうなブログ記事だってすぐ古くなるわけです。もちろん根本的な使い方が変わったりすることもあります。アップデートのたびに更新されるのは、オリジナルのドキュメントですからね。

これは英語が読める人でも思わずやってしまうんです。「あのー、先生。これ試してるんですけど、動かなくて」「検索して日本語の記事参考にしただろ?」「はい…」「英語読めるんだから、英語読めよーw」みたいな。決して日本語で書かれた記事が悪いわけではなく、作者以外の記事はその後あまり更新されないこと、またあくまで記事を書いた人の環境での話。さらに肝心なところが端折ってあったり、書き忘れていることだってあるわけです。

だったらどうすれば、おお神よ。

費やした時間は戻らない

単純な話、ReadMeとか公式サイトのドキュメントを読めばいいんです。ReadMeならダウンロードしたファイルにだって付いてるでしょうし、応用的な使い方が知りたかったら公式のサイトにサンプルなんかが載ってることが多いはずです。

そういうオリジナルを読まない、日本語で書かれたものだけ頼るというのは、結果的に時間の無駄遣いになることもあります。プラグインを使えば瞬殺で終わることが、やってみたらドハマリ…。費やした時間は戻りません。時間は有効に使いましょう。

「でも英語じゃん」「知らんよ」

※英語のエラーメッセージで困ったら素直に「Stack Overflow」へ。大概答えはあると思います。